草日誌

草日誌

2021年1月1日

2021年、今年もよろしく
お願いいたします。

あけましておめでとうございます。
2021年、この星で生きるいのちがみな
すこやかでありますように。

昨年は信陽堂にも変化がありました。
活動開始から10年を経てはじめて自分たちの企画で本を出版しました。
永井宏さんの『愉快のしるし』です。(この本については、こちらをどうぞ)
年末の出版になってしまい、発売の告知もギリギリになってしまいましたが、
思いがけずたくさんのみなさんから手を挙げていただき、発送しつづけた年末でした。
大晦日に一段落し、ご注文いただいたリストを整理してみたら、100に近いお店に発送していました。
ありがたいことです。
いっとう最初に声をかけてくださったみなさんのこと、感謝とともに忘れまい、とこころに刻みました。

先行きの見えない時代に、小舟で漕ぎだしました。
身の丈にあった本づくりができるように、こころおだやかに暮らしてゆきたいと思っています。

信陽堂は、本の編集制作のほか、
上映会やワークショップなども変わらず企画してゆきます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

(澄みきった元旦の空をみあげながら)

Facebook Twitter google+ はてなブックマーク LINE
← 前の記事永井宏さんと
『愉快のしるし』のこと
次の記事 →信陽堂の本が買えるところ

関連記事