草日誌

草日誌

2018年3月13日

ちいさないきものと日々のこと

いきものとの暮らしは、
さもない毎日が楽しいし、
いなくなってからもまた、
思い出すことがたくさんあって、
よいものだと思う。

西荻窪のギャラリー「もりのこと」発行の小冊子『ちいさないきものと日々のこと』。
この冊子は2018年2月1日から12日に開催されていた「君と暮らせば」と題された企画展の一環として、渡辺尚子さんの編集のもと制作されました。
信陽堂はこの本のデザインを担当しました。
アノニマ・スタジオ時代には『日々ごはん』シリーズや『ひかりのはこ スターネットの四季』など、装幀と編集をひとつのつながりの作業として進めていた経験があります。
今回のお仕事はその『ひかりのはこ』の著者であり、いまは〈ラ コリーナ〉でもご執筆いただいている渡辺尚子さんからご指名いただいてのものでした。

80ページには15人それぞれの「ちいさないきもの」たちとの暮らしをしるしたエッセイと、片桐水面さんによるイラストが納められています。
カラーの挿画4点はコート紙に印刷し、本文ページに貼り込みました。
すべて執筆陣による手作業です。もりのことに集まって、おしゃべりしながらの貼り込み作業のなんと楽しかったことか。
本を作るとは、そういう時間もふくめたくさんの人の手を経てなされるものだと実感できる仕事でした。
お名前は存じ上げていて憧れていたけれど面識のなかった方々とご一緒させていただいたことがとても嬉しかったです。

執筆者(五十音順)
秋野ちひろさん(金工作家)/池田功さん(dog deco)/井上美佳さん(編集者)/小澤可奈さん(iandada)/オニール原田芽さん(公共図書館員)/権聖美さん(編集者)/坂本千明さん(イラストレーター)/サノアイさん(木工作家)/新橋佑紀英さん(yukie sinbasi)/関根理香さん(ShuHALLI)/田島凪さん(団体職員)/にしおゆきさん(おるがん社)/松本裕子さん(涙ガラス制作所)/ユカワアツコさん(鳥のイラストレーター)/渡辺尚子さん(編集者)

編集:もりのこと+渡辺尚子
装画:片桐水面
装幀:丹治史彦(信陽堂編集室)

直接のご購入はこちらを><クリック!
どうぞ〜!

Facebook Twitter google+ はてなブックマーク LINE
← 前の記事〈ラ コリーナ〉11号
完成しました
次の記事 →第2回 映画とごはんの会
『イヨマンテ 熊おくり』

関連記事