草日誌

草日誌

2019年10月11日

片桐水面さんの
作品集『燈』

片桐水面さんのはじめての作品集『燈』が完成しました。
信陽堂では編集構成とデザインを担当、10月10日から西荻窪のギャラリー〈もりのこと〉さんでの個展に合わせての制作です。
きっかけは昨年(2018)参加させていただいた『ちいさないきものと日々のこと』でした。〈もりのこと文庫〉として発行されたこの冊子で、ライターで編集者でもある渡辺尚子さんにご指名いただき、丹治は装幀を担当、井上は文章で参加、片桐水面さんには装画をお願いしました。

その時以来、片桐さんの絵がすっかり好きになっていましたので、今回〈もりのこと〉のサノアイさんにお声をかけていただいて馳せ参じたという訳です。
画家の方の作品集ですから、きっちりと絵を見せたい。しかし、本のサイズは〈もりのこと文庫〉、予算も時間も限られています。その中でできることを模索しての制作でしたが、作品の複写をお願いした写真家・首藤幹夫さん、ご近所の製版所さん(徒歩5分!)、いつもお世話になっている印刷のアイワードさんの間を原画とデータがまさに綱渡りのように行き来して完成しました。

個展は10月20日までの開催です。
ぜひ原画をご覧下さい。

Facebook Twitter google+ はてなブックマーク LINE
← 前の記事『サンライト』発売記念イベント
千駄木・往来堂書店にて
次の記事 →第8回 映画とごはんの会
『薩摩の紙漉』

関連記事